起業回顧録 5回目 (全8回)いろんな準備

5回目 (いろんな準備)

  • 【仕入先の確保】

業界にコネも何もないので、かぎりある繋がりをあてに、幸運なことにいい製菓材料会社と卵や食材、資材の卸売り会社の2社に巡り合うことができました。おかげで仕入れルートは確保できました。

  • 【包装紙や紙袋の選定】

パウンドケーキの型を決めなければなりませんでした。よくある大きなサイズのパウンドケーキ型を切り分けるタイプではなく、試作の時から愛用している、馬嶋屋菓子道具店のミニパウンドケーキの型でいこうと決めましたが、ジャストサイズの包装袋がなかなか見つかりませんでした。が洋菓子店のオーナーから紹介いただいた菓子包装紙業者にジャストサイズの袋がありました。(ラッキー)

販売するパウンドケーキの型のサイズは、115mm X 55mm X 60mm 

一人では食べきれないサイズですが、良い値つけをすれば割安感があると思って決めました。

贈答用の紙袋も、決めるまで難儀しました。

ギフト3本セット、5本セットの2種の入るサイズで、既製品の名入れのみという都合のいいサイズがありません。妥協はしたくないのでオーダーメイドすることに。3社見積とって、値段より提案力のある会社「ベリービーバック」に決めました。 デザインを提案してもらえるのかと思ったら違いこちらで用意しないといけませんでした。結局、私がデザインして、adobe イラストレーターで制作しました。発注枚数が多ければ、価格が下がるのですが、在庫スペースもないので、大、小 各500枚 注文しました。製造は中国で納期(2か月)が結構かかりました。

化粧箱は、「清和のパッケージ通販」で、既製品の黒のマット調で、銀色のロゴマークを箔押のみのオーダーにして費用を抑えることができました。

◯【カウンター】

店舗の顔である対面カウンターは、割安の家具を手に入れてDIYで改造して間に合わせました。吊り戸棚も業務用は重厚すぎるので、家庭用のものを自分で取り付けました。

◯ 【ガラスショーケース】

ショーケースは、チヨダディスティム さんで購入しました。サイズも豊富で、安かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です